むし歯が引き起こす病気

痛みのないむし歯は大きく分けて2種類ありますが、どのような治療をするかはむし歯の進行度によって違いがあります。

初期のむし歯はエナメル質だけにとどまっていて、歯ブラシがきちんとあたる部分にできていれば削らなくても治療が可能だといいます。日々の歯みがきで歯の表面についたバイオフィルム(細菌が増殖した膜)を取り除き、定期健診を受けるのが一般的です。

歯の神経が死んでしまうほどの深いむし歯であれば治療が不可欠です。神経が死んでいて痛みを感じないからと言って、放っておくわけにはいきません。たとえば、細菌が歯の神経のある管を通ってあごの骨に達すると、膿根尖病変というものが「根尖病変」ができてしまい、やがて炎症が歯ぐきまで及んで、歯ぐきが腫れてきます。また、細菌があごの骨の中や口腔底(舌の下の部分)に感染すると、「顎骨骨髄炎」などの命にかかわる病気を引き起こす危険性もあります。

歯科医院において、むし歯の診断でよく利用されているのがレントゲン検査です。むし歯は、外見では健康そうに見える歯でも、歯の内側に広がっていることが多々あります。そこで、むし歯の大きさなどを調べるために、レントゲンで検査を行います。

1回のレントゲン撮影で浴びる放射線の量は、一日に自然に浴びる量とほぼ同じといわれていて、それほど多い量ではないことがわかると思います。ですので、大げさに被曝を怖がってレントゲン検査を頑なに拒否するの必要はないといえるでしょう。