むし歯の治療方針

むし歯の治療をする際、その治療回数は進行具合や場所によって異なります。最初の診察で大まかな治療方針が決まり、だいたいの回数も判明します。

初期のむし歯であれば削る治療がありませんので、定期的な検査のみで済むことが多いようです。むし歯が多少、進行していても、削って詰め物をする治療で済みそうであれば一回で終わります。ただし、型を取ってクラウンを被せる場合は2回以上通院する必要があります。神経を取る治療や、昔のむし歯の再治療の場合は、途中で治療方針を変更して回数が増えることもあるそうです。

人間の身体は機械ではありませんので、治療を始めてからでないとわからないことがたくさんあるといいます。そして、治療が複雑になるほど予定が変更される可能性が高くなる傾向にあります。

また、むし歯を削ったり、詰めたりするだけが歯科治療ととらえてはなりません。なぜ、むし歯になったのかを学ぶことも必要です。さらに、歯みがきやデンタルフロスの使い方を知り、歯科衛生士にクリーニングをしてもらうのも治療の一環です。こうした口腔ケアを丁寧にすることで、むし歯の進行を食い止めることも出来ないわけではないそうです。

エナメル質にとどまっている初期むし歯の対策としては、徹底的に口腔ケアをしてむし歯の進行を止め、再石灰化をうながすのが基本です。中には、ある程度の大きなむし歯でも、口腔ケアに熱心に取り組んでいたらむし歯の進行が止まったというケースもあるそうです。