むし歯治療

歯科医院でのむし歯の治療方法は、進行具合や場所によって異なります。

早期のむし歯の場合、歯垢(プラーク)やバイオフィルム(細菌が増殖してできた膜)を取り除き、仕上げにフッ素を塗るケースもあります。中期のむし歯の場合は、侵されたエナメル質と象牙質を削ります。そして検知液でむし歯が取れていることを確認し、接着材(接着性レジン)を塗って、コンポジットレジン(歯科用プラスチック樹脂、以下「レジン」といいます)を詰めます。レジンを固めるためには可視光線を当て、はみ出ているレジンがあったら削って噛み合わせを調整します。レジンだけでは間に合わないくらいのむし歯であればインレーという詰め物を使用します。この場合は歯型を取る必要があり、型に合ったインレーが完成するまでの期間は、歯科用セメントなどで仮詰めをしておきます。インレーが出来上がったら装着して噛み合わせを調整します。

治療で痛みを感じるほどではないむし歯の場合でも、予防的に局所麻酔をすることがあるそうです。また、むし歯が深く、削ると神経を傷つけてしまう危険性がある場合は、非侵襲性歯髄覆罩をします

むし歯が進行して神経に感染し、強い痛みが続いたら、歯髄という歯の神経を取る「抜髄」をします。この治療では、ラバーダムを使うのが一般的です。治療にあたっては、局所麻酔をしてからむし歯になったエナメル質や象牙質を削り、歯髄を露出させます。次に極細の器具で、神経を引き抜きます。