削らないむし歯治療

歯科医院といえば思い出すのが「キーン」という機械音でしょう。あの音の正体は「エアタービン」という機械の回転音。これにダイヤモンドバーと呼ばれる器具を取り付けて端を削っていきます。

歯のエナメル質は身体の中でもっとも硬いため、ダイヤモンドという硬い鉱石を使って削るのです。エアタービンは回転数が高い機械で効率は良いものの、一緒に健康な歯も削ってしまう危険性もはらんでいます。

エアタービン以外では、「マイクロモーター」も歯を削る器具として使われているそうです。これはエアタービンに比べると回転数が少し低く、比較的安全に削ることがるといいます。キーンという音はしませんが、少し振動があります。

では、むし歯治療はこういった器具で必ず削らなければならないのでしょうか。初期のむし歯であれば削らずに定期検査を受けるのが一般的です。バイオフィルムを取り除き、徹底した歯みがきでむし歯を治していきます。

多少進行しているむし歯の場合は、その部分を何らかの形で取り去る必要があります。広く取り入れられているのは、酸でもろくなった象牙質を器具で除去する方法です。時間がかかるというデメリットはあるものの、むし歯になった部分だけを取ることができるようです。ただし、エナメル質だけは削らなければいけないので、エアタービンやマイクロモーターを用います。これらの器具を使ってほしくないのであれば、歯科用レーザーという手段も考えられます。エアタービンなどで削る場合に比べると痛みは少なくなりますが、時間がかかるというデメリットを挙げる人もいるようです。