歯科医を変えたいと思った時

歯科医院に治療に通っているとき、途中で治療に疑問や不満を感じることがあると思います。そんなときは、別の歯科医に変えてもよいのでしょうか。

結論から言うと、途中で歯科医を変えて基本的には問題ないと考えられています。しかし、歯科医に何も告げずに別の歯科医に通うことはやめたほうがよいかもしれません。たとえば、むし歯の治療の途中で何も相談せずに別の歯科医でホワイトニングを受けるといったことはダメです。本来はむし歯が完治してからホワイトニングをするべきなのに、それまでのむし歯治療が無駄になってしまうおそれがあります。

また、転院した患者は治療方法が異なっていてやりにくいと歯科医が感じることもあるといいます。ですので、治療に納得できなくて歯科医を変えたいと思っているのであれば、遠慮せず疑問点や不満点を話して、まずは説明を求めましょう。歯科医ときちんと対話をすることで、誤解が解けて安心して治療を続けられる可能性もあります。それでも納得できない場合は、セカンドオピニオンを求めれば良いでしょう。セカンドオピニオンを聞けば、いまの歯科医の治療に問題がないことがわかり、安心して治療を続けることができるようになるかもしれません。

いずれにしろ、むやみに歯科医を変えるのはあまり良い方法とは思えません。それまでの治療が完全に無駄になってしまうことになりかねませんので、最初から自分に合った歯科医を見つけることが重要だと思います。