白いむし歯

むし歯というと黒っぽいイメージがありますが、必ずしもそうではありません。白い歯でもむし歯になっていることがあるというのです。そもそもなぜ、むし歯は黒くなるのでしょうか。

むし歯が黒くなる理由は、変性した有機質や細菌が出す色素のためです。「ホワイトスポット」というところに、この色素がついた状態が「ブラウンスポット」です。また、「ステイン(歯の表面に付着した茶渋やワイン、コーヒーなどの色素)」や、初期のむし歯の進行が止まって再石灰化したときも歯が黒くなることがあります。歯の黒さの原因がむし歯なのか単なる色素沈着なのかは、歯科医師なら見分けられます。

白いむし歯には、エナメル質のざらつきやエナメル質の表面は残っていても、内側に穴が開いている「ホワイトスポット」という初期むし歯と、色がつかないくらい速い進行のむし歯があります。後者の患者は子供が多く、歯のミネラル結晶がまだしっかりしていないことに原因があるとされています。前者の場合は、削らずに歯みがきなどで様子を見るのが一般的です。

後者の場合は、あっという間に歯の神経にむし歯がすすむおそれがあるため、なるべく早く歯科医院で治療を受けることが求められます。

むし歯には、正しい歯みがきの習慣をつけることが非常に重要です。再石灰化によってホワイトスポットの進行が止まる場合や、治る場合があるそうです。このように、同じむし歯でも性質や進行が異なるため、それに適した治療をする必要があります。