矯正のあるケース

すべて永久歯にはえかわったあとで、治療を行ったケースです。「歯並びが悪く、上下の歯のセンターがずれているので、治したい」という要望がありました。顔と歯並びの特徴としては、下あご自体が左に曲がっているため、上下の歯並びのセンターがずれています(偏位校合)。歯並びに、多少ガタガタもありました。それよりも、上下の歯並びの左右のズレや、少し前に出た感じの口元の状態が問題となりました。このように、歯並びが合っていないために、上下のセンターがずれてしまっているケースも、矯正ではよく行う対象です。こういったケースでは、かみ合わせもきちんとできていないことがほとんど。歯をキレイに並べて、上下のセンターを合わせるだけでなく、かみ合わせの治療も同時に行うのが、正しい矯正治療です。もちろん、見かけ上、歯を並べることも大事ですが、正しくものがかめるよ

うにならなければ、本当の矯正治療とはいえません。治療としては、上下左右の第一小臼歯四本を抜歯。その抜歯したスペースを有効に利用して、前に出ていた口元、上下の歯並びのセンターのズレ、歯並びのガ タガタを改善。歯並びゃ目元の外見はもちろんのこと、きちんとしたかみ合わせ ができるように治療しました。

コメントを残す